申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

Selbstlader M1916 マークスマンは初心者におすすめ

↓BF1、CS:GOなどいろんなFPSゲームの動画をYouTubeにアップロードしています。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。

バトルフィールド1にはいろんな武器が登場しますが、それぞれに特徴があって人それぞれ好きな武器というのは違います。

上級者になれば、どんな武器でも使いこなせるので、自由に自分の好きな武器を使えばいいのですが、初心者の間はやっぱり使いやすくて強い武器を使った方がいいです

私自身もそうだったのですが、本当に最初はどの武器がどんな特徴があるのかすら全く分かりませんでした。

説明やスペックを見てもあんまり意味が分からないし、一体どれを使えばいいのか分からずとりあえず初期武器を使い続けているという人も多いでしょう。

ということで、ここでは私も初心者の時に使っていて、上級者の間でも使いやすくて強いと評判のおすすめの武器をご紹介します。

それは看護兵のSelbstlader M1916(マークスマン)です。

バトルフィールド1(BF1) 看護兵のSelbstlader M1916(マークスマン)の画像

武器の問題の前に、そもそも初心者にどの兵科が使いやすいのかという問題があります。

これは人の性格によるんだろうと思います。

私は最初ずーっと看護兵を使っていましたが、ある程度プレイしてから気づいたんですが、性格的に突撃兵の方が向いていました。

無意識にどんどん前に突っ込んで行ってしまう癖があって、看護兵で突撃兵のような立ち回りをしていたんですね。

だから当然撃ち負けてやられます。それで、本当に悔しくて、自分には才能が無いと思って何度もFPSなんてやめようと思いました。

でも、ある時ふと突撃兵に変えてみたんです。そしたら、今までとは見違えるようにキルが取れたんです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、Selbstlader M1916(マークスマン)の解説です。

ドイツの武器なので発音がよく分からないのですが、セルブストラダーかセルブストラーダーと読むのでしょう。

Selbstlader M1916は3種類あります。初期使用、マークスマン、光学照準です。

この中でもおすすめはスコープが付いているマークスマンです。

マークスマンは兵科ランク2でアンロックされるので、兵科ランク2までは何とか初期武器で頑張りましょう。

Selbstlader M1916は、装弾数が26発とセミオートライフルとしてはとても多いです。

この弾数の多さを活かしてどんどんぶっ放して敵を倒していくことができます。

いわゆる継戦能力が高い武器です。

しかも、距離によるダメージの減衰が少なくて、ほとんどの距離で体のどこでも3発当てれば倒せるという安定した強さです。

発射した後の銃の反動(リコイル)も少ないので連射しやすいのも初心者には嬉しいポイントです。

初期使用はアイアンサイトなのですが、マークスマンはこの安定した強さにスコープが付いてさらに照準を合わせやすくなっています。

スコープが付くことで、中距離では絶大な強さを発揮します。BF1に登場する全武器の中でも中距離では最強クラスに入るでしょう。

エイムが上手くなれば遠距離でも戦うことができるので、下手な偵察兵のスナイパーライフルに撃ち勝つことも可能です。

ということで、これがだいたいの特徴です。

コンクエストの森のマップでSelbstlader M1916(マークスマン)を使って戦っている動画をユーチューブにアップロードしてありますので参考にして下さい。

FPS初心者の親父のプレイですので上手く無いですけど、初心者でもちょっと練習すればそこそこ戦える武器だというのが分かってもらえると思います。

次に、Selbstlader M1916(マークスマン)の上手な使い方を説明します。

ちょっとした使い方のコツを知っているだけで、たくさんキルを稼げるようになりますよ。

ポイントは距離と撃つリズム

Selbstlader M1916(マークスマン)はスコープが付いているので、近距離の戦闘には不向きです。

最も力を発揮できるのは中距離です。突撃兵の近距離用の武器が届かないくらいの距離を空けて、離れたところから攻撃しましょう。

とにかく中距離以上の適正距離を維持し続けることが大事です。

特に突撃兵なんかにうまく近距離に入られてしまうと連射速度で劣るため、必ず撃ち負けてしまうので要注意です。

また、装弾数が26発あるので、「パン、パン、パン」とリズミカルに敵を追いかけながらどんどん撃つようにしましょう。

よほど下手な撃ち方をしない限りは26発全て撃ち尽くすということは無いので、遠慮なくどんどん撃って大丈夫です。

とにかく3発当てれば敵を倒せるので、どんどん撃ち込んでいきましょう

止まっている相手だとリコイルコントロールがほとんどいらないために「パン、パン、パン」と3発連射すれば簡単にキルを取ることができます。

動いている敵の場合には、何とか追いかけながら敵の移動方向を予測してちょっと先を「パン、パン、パン」とどんどん連射していきましょう。

初心者の間は動いている相手に照準を合わせるのが本当に難しいです。

私なんて、BF1を始めて当分の間は動いている相手からキルを取ることなんて不可能じゃないかと思ったくらいです。

でも、とにかく耐えて練習して慣れてくると、ある日突然できるようになるもんなんですね。

マークスマンはスコープの倍率を自分の好みに設定することができます。

中遠距離で戦うというスタイルでいくなら当然倍率を上げた方がいいのですが、私の個人的なおすすめは最低の2.5倍です。

中距離で戦うなら2.5倍くらいが照準を合わせやすいです。

また、看護兵は医療箱や包帯ポーチなどの回復アイテムをばらまいたり、注射器で蘇生するというのも大事な役割です。

その役割を果たそうとすると、ある程度は突撃兵などの味方と一緒に敵陣に入り込まなければなりません。

そうすると、どうしても近距離で戦わざるを得ない状況になってしまいます。

そんな時でも2.5倍だとけっこう対応できるのです。

ということで、初心者におすすめの看護兵のSelbstlader M1916(マークスマン)の解説でした。

管理人のプロフィール

現在39歳で3人の子供がいる既婚の親父です。(始めたのは38歳です。)

インターネット広告やネットショップなどをやっている会社を経営しています。

最近はゲームにどっぷりハマってYouTubeで実況動画をアップロードしたりライブ配信したりもしています。

今はバトルフィールド1にはまっています。

YouTube:https://www.youtube.com/user/2fixi9b5

↓BF1、CS:GOなどいろんなFPSゲームの動画をYouTubeにアップロードしています。ぜひ、チャンネル登録をお願い致します。